コロナで儲かっている人の共通点

コロナで儲かっている人の共通点

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/79469

 

現代ビジネスのこの記事を要約しますと、

・アメリカのコンサルタントの間では精神安定剤が流行している

・コロナ自粛の続く世の中も精神安定剤を求めている

・日本では、酒とたばこの消費が2割増しで推移している

・つまり、「不安とストレスを緩和してくれる商品・サービスの需要が増える」

・また、コロナで制限されたアイテムの代替品も増える

・具体的には、外食、スポーツ、映画、レジャー、旅行

・ただ、旅行だけは、なかなか埋められていない。

となります。

 

不安定な時代ですから、当然の分析ですね。

実は、いつの時代も人は将来への不安を抱えているものなので、精神安定のための商品・サービスが増える、というのは真理かもしれません。

商品やサービスの目的は、顧客の課題を解決することです。

精神安定は潜在的な欲求なので、多くの人の課題になります。

 

では、アパレルでの精神安定とは何になるでしょう?

 

業界の問題解決は、「買ってもらうまでの不安」を取り除くことに注力していますが、顧客の不安は買ってからだと思います。

買ったあと、家での洗濯はどうしたらいいか?

自分の持っている服や靴とどう合わせたらいいか?

 

アパレル業界の人は、自分で服を選べたり、服を買える人が多いですが、世の中全体を見ると、自分で服を選べたり服を買える人は少ないわけで、そこへのアプローチは有効だと信じています。

アパレル業界のニュースを7つ選ぶ #7picks は、こちら

https://twitter.com/hashtag/7picks

その他、毎週月曜日配信のメルマガ「アパレル業界の〇〇な話」もよろしく。バックナンバーはこちら

https://b.tenjikaionline.com/category/blog/marumarustory/