アパレルOEMビジネスの失敗のポイント

failurepointofapparelOEM

こんにちは。伊藤忠商事から独立して12年、アパレル業界24年 展示会オンライン 吉川です。今日はアパレルOEMビジネスの失敗のポイントについて考えてみます。

目次

  1. アパレルOEMビジネスの失敗とは何か?
  2. なぜ失敗してしまうのか?
  3. どうすれば失敗しないか?
  4. 最後に
  5.  

1.アパレルOEMビジネスの失敗とは何か?

皆さんは、アパレルOEMビジネスで失敗したことありますか?

 

・本生産の納期が遅れた

・展示会サンプルが間に合わなかった

・物性が通らずに、納品できなかった

・店頭で不良が見つかって回収になった

・不良品がネットで販売されていた

・針が出た

 

私も24年アパレルOEM業界にいますので、数多くの失敗をしてきました。一番最初の失敗は入社1年目の3月で、韓国で綿のブロードにさくらんぼの総柄のプリント生地3000mを全てやり直さなければならなくなったというものでした。その経緯などは、また改めてまとめたいと思います。

 

失敗した結果も色々あります。

 

・値引きになった

・キャンセルになった

・出禁になった

2.なぜ失敗してしまうのか?

経験を積んでいくと失敗はどんどん減ります。

また、同じ工場と長く付き合っていると、その工場での失敗も減ります。

同じく、同じお客さんと長く付き合っていると、失敗も減ります。

長い時間は失敗を少なくします。お互い理解できることが増えていくからです。

 

では、短い時間だと必ず失敗するのでしょうか?もちろん、そうではありません。

初めてのやり取りでもうまくいく工場、お客さんはあります。

つまり、失敗の多くは、コミュニケーションのミスが原因になっていて、お互いのコミュニケーションが上手くいけば、大きな失敗にはならないと言えます。

3.どうすれば失敗しないのか?

失敗の原因になっているコミュニケーションのミスを減らすためには、どのようにすればいいか?

大前提として、「伝えたから大丈夫」と思わないことです。

そして、こちらから伝えたことを相手が理解することが重要なので、それを確かめなければいけません。

 

簡単に確かめる方法があります。それは、こちらから質問することです。

そしてその答えが、こちらの意図するものか、分かりやすいか、を見ます。

それによって、相手の理解度を測ったり、得意不得意を見たりします。

相手の答えがこちらの質問の意図と異なっている場合は、相手に問題があるのでなく、相手に理解させることが出来なかった「こちらのコミュニケーションミス」と考えるべきです。

 

こうすると、こちらの伝え方も上手くなりますので、全体として、失敗が減ります。

4. 最後に

アパレルOEMビジネスの失敗の80%はコミュニケーションのミスによるものです。

そして、コミュニケーションに対する考え方を変えることで、そのミスは減らすことが出来ます。

アパレル業界のニュースを7つ選ぶ #7picks は、こちら

https://twitter.com/hashtag/7picks

その他、毎週月曜日配信のメルマガ「アパレル業界の〇〇な話」もよろしく。バックナンバーはこちら

https://b.tenjikaionline.com/category/blog/marumarustory/