コロナ前後で経営は変わったのか?

コロナ前後で経営は変わったのか?

年末に買って読んだ本を紹介します。
足立光・西口一希 著
「アフターコロナのマーケティング戦略」

日本最強のマーケター2人が語り尽くす、ということですが、
お二方ともP&G出身のマーケターです。

題名からは察するに、アフターコロナでどんなことをすべきか、という内容だと思いました。

論点が40個出されています。
例えば、
論点1
「アフターコロナによって、マーケティングや経営がどう変わるのかを考えないといけない」
コロナによって生活様式は大幅に変わりました。働き方も変わりました。だから、マーケティングや経営もどう変わるのか考える必要があるのは、当たり前だと思います。

しかし、著者は、
「コロナ後の変化も、今ままでずっと起こっていた変化の延長線上にある。顧客の心理や行動は常に変化するので、想定される変化に合わせた複数のシナリオを用意しておき、すぐに動ける準備をしておかないといけない。
これは、いつの時代も変わらない。」
という結論を出しています。

非常に重要な考え方ですね。

同じビジネスモデルが通用しなくなるのは、顧客の心理や行動は常に変化するのに、それに対する準備が出来ていないからに間違いありません。

コロナによって、それ以前には少しずつ変化していたものが、強制的に一気に変化したため混乱は生じていますが、変化のスピードが早くなっただけ、とも言えます。

他にも、39の勘違いや思い込みの論点が出されています。

もし、興味が生まれましたら、一度読んでみることをオススメします。

読みたくはないけどエッセンスは知りたい!という方がいらっしゃいましたら、内容をシェアする会を設けてもよいので、お知らせください。

よろしくお願いします。

アパレル業界のニュースを7つ選ぶ #7picks は、こちら

https://twitter.com/hashtag/7picks

その他、毎週月曜日配信のメルマガ「アパレル業界の〇〇な話」もよろしく。バックナンバーはこちら

https://b.tenjikaionline.com/category/blog/marumarustory/